DKE東方科脈本社制造基地—富湧工場区初の全自働化電子紙生産ライン設備の順調な搬入を熱烈にお祝い申し上げます

ビュー : 6
著者 : DKE
更新時間 : 2022-10-13 10:14:23
2022年10月12日、「浙江富湧電子科技有限公司全自働化電子ペーパー生産ライン初の設備搬入入場式」が盛大に行われた。これはDKE東方科脈富湧電子ペーパー工場プロジェクトが建設期から生産運営期に向けて重要な一歩を踏み出したことを意味する。

浙江東方科脈電子股份有限公司の文世峰副総裁などの会社の指導者やプロジェクトスタッフ、建設に参加した企業の代表は今回の式典に出席し、共にこの奮起の瞬間に立ち会った。

現在の新型コロナの情勢は依然として厳しく、物流と人員の移働が困難な状況の下で、DKE東方科脈は速やかに優勢な力を結集して、企業の責任を引き受けて、積極的に各方面の資源を調整して、全力で今回のプロジェクトの迅速な推進を保証する;プロジェクトスタッフ全員が張り切って、困難に立ち向かい、協力チームと緊密に連携しながら、設備搬入という重要な節目を時間通りに終えることができました。

DKE東方科脈の文世峰副総裁は式辞の中で、プロジェクトの各パートナーが時間通りに最初の設備搬入を実現したことに対して感謝の意を表し、次の段階の仕事で、全員が引き続き協力し、鋭意進取し、全力を尽くしてプロジェクトの品質、施工の安全、一日も早く製品化することを望んでいる。

浙江富湧電子科技有限公司はDKE東方科脈の本部基地及び研究開発制造センターとして、今回の初の設備搬入が順調に行われたことは、プロジェクトの各電子ペーパープロセス設備の基本机能が既に整ったことを意味する。次の段階では、設備の設置・調整作業と工場区の内装装飾及び園林緑化工事に力を入れ、引き続き全速力でプロジェクト全体の進捗を推進し、予定通りの生産開始を確保する。
世界トップのiot分野の新型電子紙表示技術制造サービス会社として、DKE東方科技脈は絶えず技術のアップグレードと生産能力の増加に頼って、産業のアップグレードを実現して、制品の競争力を高めて、業界の勢いある発展の道で絶えず自分の実力を固めて、新しい局面を開拓して、新しい力に貢献します。アップストリームのパートナーと手を携えて電子ペーパー産業の発展の新しいピークに登りましょう!
pop_close
pop_main
ニュースレター