tokdke東方科脈の素晴らしい瞬間を双展で振り返る

ビュー : 8
著者 : DKE
更新時間 : 2022-11-29 15:20:50
2022年11月15~18日、Electronica2022ミュンヘン電子部品展示会およびIOTE2022第18回国際iot展示会がドイツのミュンヘンと中国の深センで成功裏に開催された。
カラー電子ペーパー—DKEフルカラーが登場Electronica2022
Electronica2022は、世界最大規模のエレクトロニクス展示会であり、来場者の観点からも、出展社の品質と規模からも、最先端の技術に対する認識と感覚を一新している。

展示会場では、DKEの技術力と制品の競争力により、多くの観客の注目を集め、足を止め、コミュニケーションを深めた。
重点的に展示されたフルカラーシリーズの制品は更に豊かな色彩、生き生きとした表現力によって、印刷ポスターの視覚質感に匹敵して、更に多元の色彩の需要の環境の優勢に適用して、業界各界の高い注目を受けます。

DKE欧州事業責任者は、「電子ペーパーディスプレイは、低炭素で環境にやさしいスマートシティにおいて顕著な優位性を持っており、ビッグデータ、モノのインターネット(iot)、人工知能(ai)などの新技術の発展に伴い、新時代、新市場環境における各産業の発展に大きな推進力となる。2年ぶりに、我々は再び全シリーズの制品と技術応用を携えてドイツ・ミュンヘンに来た。ドイツ、ヨーロッパ、そして全世界のユーザーが、DKEの技術力と制品革新力をより全面的に、深く理解することを望んでいる。」

4日間の電子部品業界の盛会は万人の注目を浴びて幕を閉じたが、DKEは今後も、世界各界のパートナーと交流を分かち合い、電子ペーパー産業の技術革新を共に育成し、世界産業のグリーンで持続可能な発展を支援することを期待している。
IOTE2022科脈風采実力展示ハードコアお目見え
第18回国際iot展(IOTE2022)は「数智芯生、雲端共創」をテーマに開催され、スマートシティ、スマート小売、工業物流、スマート医療などの分野から400社を超える専門企業が集まり、センシング層-トランスポート層-演算・プラットフォーム層-アプリケーション層の全産業チェーンをカバーする。

DKE東方科技脈は専門電子紙メーカーとして初めて出展し、全シリーズの制品と技術を持ち込み、電子紙生態コーナーを披露した。会場にお越しいただいたiot分野の専門家及び来場者と深い交流と技術研討会を行った。
IOTE国際iot展・電子紙イノベーション応用コーナーでは、DKE中国区業務責任者が東方科技脈の企業発展、制造規模、制品技術、マーケティングサービス及び今回のパビリオンの特色展示などについて詳しく紹介し、業界従事者と参加者が足を止めて観覧した。

iotと社会の活発な発展に伴って、"グリーン"、"低炭素"雰囲気のトレンドは、超低消費電力の優位性を持つ電子ペーパーディスプレイは、より速く各業界に深く、徐々に伝統的な紙のデジタル化と循環可能なグリーン科学技術革命を開きます。

今回の展示会を通じて、DKE東方科技脈は現在の市場トレンドをより深く理解した。お客様のニーズをよりよく満たし、業界の挑戦とチャンスに対応するために、未来、我々は期待に応えて、引き続き産業チェーンの上流と下流のパートナーと手を携えてイノベーションを突破し、電子ペーパーの多元化の技術応用を開発し、新しい市場価値を発掘し、iot業界の発展のために深い力を蓄えていく。
展示会は幕を閉じましたが、私たちは歩みを止めたことがありません。すべての出会いに感謝します。DKE東方科脈はあなたと来年また会うことを楽しみにしています。新しい技術を交流し、新しい経験を分かち合い、新しい協力を促進します。
pop_close
pop_main
ニュースレター