電子ペーパーのディスプレー|助力知恵医療「デジタル」と「にグリーンブーム」が共同発展

ビュー : 15
著者 : DKE
更新時間 : 2022-07-27 13:48:36
医療建設のデジタルトランスフォーメーションが絶えず成熟し、サービス体系が絶えず健全化するにつれて、人々の医療ニーズは変化し、理念は徐々に伝統的な「疾病中心」から「患者中心」へと変化している。
従来の病域相互作用のモデルが
「16床新規、ペニシリンアレルギー、体温に注意」
「22床の午後手術、重点事項は患者さんと話しましたか?」
「先生、この薬を飲むときの注意点をお聞きしたいんですが」
「看護師さん、私の検査結果は出ましたか?どこで取る?」
……
現在、多くの病院は依然として伝統的な病棟サービスモデルを採用している。例えば、紙製のベッドサイドカードを手作業で交換すると、時間と労力がかかり、誤差が生じやすい。伝統的なコミュニケーションの伝送効率は低く、時効に深刻な影響を与える。ナースステーションは情報が乱雑で、やりとりが難しい。

伝統的な病室の相互作用モードは、現在の医療と医療のコミュニケーションのニーズを満たすことができなくなっており、良好な施設、良質なサービス、快適な環境は、医療業界の運営に不可欠な手段となっている。
全方位情報共有時代ワンスクリーンで見る
スマート医療の発展の過程で、スマート呼び出し画面、看護情報画面、スマート廊下案内画面、病室の表札、スマートベッドサイドカードなどとデータ情報の統合は、スマート医療のデジタル化、情報同期化建設の重要な体現である。

従来の病棟の医療情報を統合し、iot(モノのインターネット)+電子ペーパーディスプレイの応用に合わせ、無線通信机能と組み合わせ、医療スタッフと患者に新しい体験をもたらします。

一屏尽覧,全場面覆覆
ナースステーション、病棟の廊下、病棟などのエリアを電子ペーパーディスプレイでつなぎ、複数のシーンでリアルタイムにデータを同期させる。
待ち時間ゼロで効率化
病院システムのデータを遠隔伝送して、リアルタイムで患者の働態と看護内容を同期させて、情報は待ち時間がありません。
治療の安心と患者満足度の向上
病室内の電子ペーパーケア情報看板を通じて、医師と患者の交流を強化し、患者満足度を高める。
病院の情報化アップグレードを支援し、ブランド価値を作る
病院の情報化、スマート化のモデル転換とアップグレードを助力することは、スマートでハイエンドなブランド価値を作り上げることにプラスになる。
グリーン低炭素化を後押しする電子ペーパーディスプレイ
スマート医療建設におけるiot+電子ペーパーソリューションの採用は、同様に医療業界のグリーン化・低炭素モデルへの発展を促進するのに役立つ。
医療机関で使われている液晶ディスプレイは、まぶしさや重厚さ、美しさに欠けるだけでなく、画面を表示するときに消費電力が持続し、炭素排出量が増えるなど、環境にやさしいものではありません。

海外の先進国では、アメリカやデンマークなどで、液晶に代わる電子ペーパーディスプレイの采用など、新しい低炭素・省エネ技術の医療机器への導入が進んでいます。

研究によると、電子紙のディスプレイは、医療環境の中で、よりグリーン低炭素の環境効果を持っている。7インチのディスプレイを例として、液晶ディスプレイは約78.84度、7.4インチの電子紙ディスプレイはわずか0.0042度、同じサイズと時間の下で、液晶ディスプレイ制品は電子紙制品の約2万倍のエネルギーを消費する!
また、電子ペーパーは薄くて軽くて、紙の感覚がよくて、青色がなくて目を傷つけないなどの特性があって、完璧に融合した医療ゾーンができて、患者に1種の美しくて快適な体験を提供します。
医療業界は「デジタル化」と「グリーン化」の発展が要求されており、電子ペーパーディスプレイはインタラクティブインターフェースとしてほぼ完全に需要を満たし、未来の医療発展においてホットな制品となる。DKE東方科脈はiot分野の新型電子紙表示技術制造サービス会社として、電子紙制品と技術で力を発揮し続け、医療業界とiotの融合発展と無限の可能性を開拓していく。
pop_close
pop_main
ニュースレター