DKE東方科脈、大連理工大学初の「小さな巨人」ob企業に選出

ビュー : 16
著者 : DKE
更新時間 : 2022-07-27 14:07:19
大連理工大学校友会は21日、第1回大工「小巨人」企業リストを発表し、大工「小巨人」企業26社を選出した。浙江東方科脈電子股份有限公司(DKE-東方科脈) )が電子情報産業カテゴリーの「小さな巨人」企業として評価された。

「大工「小巨人」ob企業は、大連理工大学が党中央、国務院の政策決定・配置を徹底して実行し、「専精特特新」ob企業の発展を後押しするため、「大工「小巨人」 「ob企業選定に関する通知」に基づき、大連理工大学審査委員会及び専門家の審査を経て選ばれた、市場を細分化し、革新能力が強く、市場シェアが高く、核心核心技術を把握し、品質と効率が優れたトップ企業。

浙江東方科脈電子股份有限公司(DKE-東方科脈)は2005年に創立された、世界トップの新型電子紙表示技術制造サービス会社です。現在、中国に3つの自筑電子紙制造基地(浙江)富湧泉基地建設中)を持ち、ドイツ、日本、韓国など多くの国に拠点を設け、上海に販売及び研究開発センターを設立している。地域に販売しており、ESLタグ、スマート医療、スマートシティ、スマートオフィス及びスマートカードなどの多くの分野に応用されています。

十数年来、東方科脈は業界と市場の発展傾向に密着し、電子ペーパーを主な事業とし、全世界の顧客ニーズに焦点をあて、自主的な研究開発を素直に進めてきた。チームは海外に留学した博士、工学修士及び10年以上の実務経験を持つ業界のベテラン専門家で構成されており、現在世界で74件の特許を出願し、46件の特許をライセンスしております、数及び品質ともに業界をリードするスタンドにある。

「専精特新」は製造強国、科学技術強国の重要な国家戦略だ。「専門化、微細化、差別化、新規化」の4つの特色は大連理工大学の「小さな巨人」企業のラベルの特徴で、まさにDKE東方科脈の企業ラベルです。 今回評価された大工「小さな巨人」卒業生企業栄誉称号は、DKE東方科脈が産業分野で持っているより強い革新、国際市場開拓力、経営管理レベル及びスマート製造レベルが十分に評価されたことも示している。
まず、DKE東方科脈は革新駆働を堅持し、自主革新能力を強化し、企業の高品質発展を持続的に推進し実現し、電子ペーパー業界の核心核技術を探求し、科学技術革新を実現するそれにより紙類のカラー表示の夢を実現し、電子ペーパー産業の急速な発展を推進する。
pop_close
pop_main
ニュースレター