DKEは、BicCameraストアのデジタルアップグレードを支援しました

ビュー : 274
著者 : DKE
更新時間 : 2022-02-22 16:25:14

ビックカメラは、日本の主要都市の駅を中心とした、日本の超大型総合ショッピングモールで、全国に48店舗を展開し、人気の免税ショッピングモールを特徴としています。家電、時計、薬用化粧品、スポーツ製品、ワイン、その他数十のカテゴリーが日本全国でワンストップで購入できます。

東京銀座店は、ビックカメラのスターストアとして、店舗全体のアップグレードにDKE電子ペーパー表示画面を搭載した電子値札を採用し、店舗全体のイメージを大幅に向上させています。

DKE電子ペーパーディスプレイ画面は、高コントラスト、超広視野角、超低消費電力(電源を切っても表示内容を維持できる)、高色反転というメリットがあり、多くのメーカーによる電子タグ、スマートホームおよびその他のモノのインターネットアプリケーション。

電子ペーパーディスプレイは、テキスト、写真、2次元コードなどの情報を表示するためのユーザーのカスタム設定をサポートしています.120°未満の従来のLCD電子値札と比較して、電子ペーパーの視覚的な角度は170°以上です。さらに、LCD製品と比較して、電子ペーパーディスプレイは画面のコントラストが高く、実際のアプリケーションで顧客により良い使用体験をもたらします。

また、スクリーンエンジニアリングの特性上、電子ペーパーの値札は画面の内容を更新する際にのみ消費電力を発生させ、毎日の表示はエネルギーを消費しません。さまざまな長時間の起動作業環境に適応するためのより長い耐用年数、大規模なスーパーマーケットやその他の場所の使用ニーズを満たすために、電源がラベルの内容を表示することもできる場合でも、 724H365日間の中断のない作業をサポートします

店舗の日常業務では、バックグラウンドシステムから商品の日々の価格変動を更新して一元的に更新したり、PDAモバイル端末を利用して価格変動を便利に実現したり、さらにインテリジェントなモノのインターネットなどを活用したりできます。並べ替えと在庫切れのリマインダーは、店舗の効率を大幅に向上させ、企業の管理コストを節約するはずです。

Bic Cameraの店長は、アップグレードに非常に満足しており、将来的には電子ペーパーディスプレイでさらに多くのアプリケーションが見られることを望んでいます。

pop_close
pop_main
ニュースレター