メリット

The display experience close to paper is more eye-friendly

PRODUCT CHARACTERISTICS

Bi-Stable   No power needed to hold an image

バイステーブルとは、電源供給がなくても電子ペーパーディスプレイ上の画面が消えずに表示され続ける特性で、表示内容を書き換える際にのみ電力を消費します。

例えば電子ペーパーディスプレイを使用した電子書籍リーダーで読書する場合、ページをめくる画面書き換え時にしか電力を消費しないため、長いバッテリー駆動時間を実現します。

大型サイネージへの応用では、画面を切り替えない限り一切電力を消費しないため、同サイズのLCDサイネージよりも長期的には優れた節電性能を発揮できます。

Reflective    No backlight

電子ペーパーディスプレイは、「反射式ディスプレイ」とも呼ばれ、バックライトを全く必要とせず、従来の紙の視認原理と同じであるため、環境が明るいほど、電子ペーパーの視認性もより鮮明になります。

一方、LCD(透過式)やOLED(自発光)等のディスプレイは、バックライト等の光源を使用し映像を表示させることにより目が疲れやすいといった問題や、ブルーライトによる影響を受けやすいことが挙げられます。またバックライト等の光源を必要としない事からより長いバッテリー駆動時間を実現します。

                         Electronic paper display                              Printing A4 paper                        LCD liquid crystal display

Rugged

電子ペーパーディスプレイは、プラスチックフィルムの層に電子インクを塗布し、TFT等の駆動回路基板上に接着し電子ペーパーディスプレイ(EPD)を構成しています。 用途に応じて、従来のガラスベース のTFT回路基板やプラスチックベースのフレキシブルなTFT回路基板を使用し駆動、表示を行います。DKEでは、表示させたい数字または図案のエリアを予めパネル上に刻印しておき、必要な数字や図案に従って白黒等表示を切り替えることで様々な図案や数字のパターンを表示するシンプルな構造のセグメントディスプレイモジュールも提供しています。

 

13.3インチのフレキシブル電子ペーパーを採用した端末製品は、わずか349グラムという重さです。一方12.9インチのLCDディスプレイを使用している製品だと、その重さは713グラムにもなります。

モバイル機器使用時の落下や衝撃へのリスクを軽減することができます。

 

さらに、ガラスベースのTFT基板は壊れやすい場合があります。プラスチックベースのTFT基板を使用すると、落下や応力等による電子機器の破損リスクが軽減され、より頑丈な最終製品が得られます。

 

pop_close
pop_main
ニュースレター