ヘルスケア、パスワード

デジタル化の推進により、ワークフローの効率が向上し、コミュニケーションの精度が向上し、リスクが軽減され、患者の利用体験が向上します。

しかしながら、病院における患者/臨床医のコミュニケーションのいくつかの側面は、依然として手書き等で更新されたホワイトボードやドア情報カードに依存しており、看護師や臨床医の作業工数を増加させ、ヒューマンエラーや情報の未更新等によるリスクを高めています。

 

米国では、21世紀における光による目への健康被害に対する病院でのイーインク社のデジタルペーパー技術を使用したデジタルサイネージ導入が開始されます。

LCDとは異なり発光しないデジタルペーパーは患者様の睡眠を妨げません。

 

 

pop_close
pop_main
ニュースレター