電子ペーパーディスプレイ「一キー呼車智能屏」がスマート外出を支援

ビュー : 7
著者 : DKE
更新時間 : 2022-08-08 11:50:03
近年、市民のスマートな移動を便利にし、タクシーの空車率を下げ、乗客の配車体験を向上させるため、ますます多くの都市がタクシー待機所の建設を強力に推進し、「ワンクリックで配車」措置を積極的に実施している。
「ワンタッチで車を呼ぶスマートスクリーン」機能のアップグレードが続く

客待ちサイトの「ワンクリックで車を呼ぶ」設備が完成したのに続き、多くの地域の交通主管部門が設備の機能アップグレードを行った。従来の「一ボタンで車を呼ぶ」ボタンを維持するほか、乗客は携帯電話の微信(wechat)、支付宝(アリペイ)を開き、「一ボタンで車を呼ぶ智能屏」上のqrコードをスキャンしてミニプログラムに入ることができる。これにより、ボタンを押して車を呼ぶ使用中に乗務員双方がタイムリーに意思疎通できないという問題を効果的に解決した。

今回の機能アップグレードでは、「より正確な位置を特定し、より最適化されたサービスを提供する」というユーザーの体感や体験感をアピールした。
スマート外出シーンに役立つ電子ペーパー表示技術

「ワンタッチで車を呼ぶ」客待ちスポットの立地は、人が密集する住宅地、ショッピングモール、オフィスビルなどの中心地が多く、施工空間の調整が難しいという問題がある。

「一キー呼車智能屏」として電子紙ディスプレイを采用し、電子紙の超低消費電力特性のため、二重電池給電+太陽光充電技術を使用することができ、単独で回路を敷設する必要がなく、建設外受電難の問題を解決し、建設コストと電力供給コストを大幅に下げた。

また、外光が強すぎると、従来の液晶画面は光が反射するだけで、呼び出し情報が見えにくい。しかし、電子紙のディスプレイは反射性の特性を持っていて、環境の光源を利用して目に見えて、日光が強くなればなるほど、スクリーンはよりはっきり見えて、広視野角の表示にも対応して、大いにユーザーの体験を向上させました。
未来、タクシーの旅客ターミナルの建設は必ず規模の効果を形成します。DKE東方科脈はiot分野の新型電子紙表示技術制造サービス会社として、電子紙制品と技術で力を発揮し続け、より豊富なスマート外出シーンのインターフェース応用を開拓し、より便利でグリーンな外出環境を作ります。
pop_close
pop_main
ニュースレター