フレキシブルディスプレイ時代が到来フレキシブル電子ペーパーディスプレイがスマート端末との新融合を後押し

ビュー : 7
著者 : DKE
更新時間 : 2022-08-15 17:12:10
近年、科学技術の急速な発展に伴って、日進月歩のスマート制品は外形であろうと机能であろうと絶えず人々の眼球を刷新して、ユーザーに全く新しい体験をもたらします。
絶えず発展する「緑色」のフレキシブルな電子ペーパーの表示技術、更にフレキシブルな電子の時代に手が届くことを感じさせます。
フレキシブル電子ペーパーの応用分野が広がる
映画「ハリー・ポッター」シリーズを見て、魔法の新聞がダイナミックに映し出されているのが印象的だったという人も多いのではないでしょうか。ある意味,これはフレキシブルなディスプレイ・スクリーンと言える。

では現実には、曲げられ、超低消費電力、割れにくいという強みを持つフレキシブル電子ペーパーディスプレイは、どのようなiotシーンで活用されているのだろうか。
スマートウオッチ

Sony FES Watch Uは、スマートフォンのアプリを使って、文字盤やバンドに内蔵されたデザインやオリジナルのデザインを表示し、自分らしさを演出することができます。
専門アクセサリー

878 ProRacingジャケット内にフレキシブル電子ペーパーディスプレイを埋め込み、着用者が完全に腕を折り曲げ、職業ニーズに応えるとともに、情報内容をクリアに表示。
電子リーダー/ノート型パソコン

本のように折りたたくことと開くことを缲り返し、現在5万回以上缲り返すことができる。表示面積は変わらず、本体全体は半分の大きさで、軽くて持ち運べる。
電子情報かんばん

従来の紙のポスターのように、バスや地下鉄などのトンネル壁面や車両内などに貼ることができ、利用環境のニーズに合わせて内容を変化させることができる。
フルカラー広告の看板

カラー電子ペーパー表示技術をフレキシブル電子ペーパー情報看板に導入し,応用範囲をさらに広げた。
「グリーン」フレキシブル電子ペーパーディスプレイ
フレキシブル電子紙ディスプレイは、FPL(電子フィルム)、PS膜(ポリスチレン保護膜)、PIフレキシブル基板(ポリイミド膜)、IC(集積回路チップ)、FPC(フレキシブルワイヤー基板)からなる。PIフレキシブル基板,FPL,PS膜を下から上へ順に貼り合わせ,ICとFPCをACF(異方性導電性ゴム)でPIフレキシブル基板上に固定する。

フレキシブル電子ペーパーディスプレイとの主な違いは、従来の電子ペーパーディスプレイのエッチング配線TFTをPIフレキシブル基板に置き換えた点で、フレキシブル化の鍵となる。従来のTFTは硬板配線であったため,フレキシブル電子ペーパーの作製ではTFT上の配線をPIフレキシブル基板にエッチングすることで,柔軟性,折り曲げ,割れにくい技術効果を実現した。

フレキシブル電子ペーパーディスプレイは、超軽量、持ち運びがしやすく、割れにくいという特性に加え、超低消費電力、省エネという強みを持っており、荷物タグ、物流タグ、スマートカードなど、iotの低炭素環境保護、省エネといったシーンに適した端末品を生み出しています。

DKE東方科脈はフレキシブル電子紙のキー技術分野に対する広範かつ深い技術攻略と革新も止まらない。2020年にフレキシブル電子紙の研究開発チームを設立し、2021年にPlastic Logicへの戦略投資を完了し、手を携えて各自の技術、制造及び市場優位性を運用する。フレキシブル電子ペーパー表示技術の各iotスマート制品への応用を共同で開発、開拓していく。
DKE東方科技はiot分野の新しい電子ペーパーディスプレイ技術制造サービス会社として、電子ペーパー制品と技術に力を入れ続け、より多くのiotがフレキシブルディスプレイを必要とするシーンに組み込み、グリーン発展を実現すると同時に、私たちの生活により多くの新しい変化をもたらしていきます。
pop_close
pop_main
ニュースレター