「光汚染」対策が初めて導入され、電子ペーパーディスプレイが屋外広告のグリーン低炭素化を後押し

ビュー : 5
著者 : DKE
更新時間 : 2022-09-26 17:02:44
近年、屋外広告看板や景観照明など、都市部の光源への過剰照射による「光汚染」や「高エネルギー消費」の影響が顕在化している。このほど、上海市で新しく改正された「上海市環境保護条例」が正式に施行され、中国の「光汚染」対策が初めて正式に法に盛り込まれた。
LED看板「光汚染」「高エネルギー消費」
「光汚染」という環境保護の難題を解決することに力を入れることが今回の上海条例改正の重要な仕事だ。光汚染は健康を害するだけでなく、巨大なエネルギー浪費の問題でもある。光汚染の影響が深刻な国は主に欧米、中国、日本である。
LED看板のエネルギー浪費問題
過去の2021年、中国はエネルギー消費大国として、石炭と電気の需給が急を告げたため、電力不足が甚だ大きい。一部の省は一時、工場と住民に対して電力供給を停止する措置を取り、工業生産と住民生活に影響を与えた。

2022年9月にドイツ経済省は新たな規制を制定し、今月からドイツ各地でLED広告板を1日6時間のみ稼働させることができるようにした。この法令の実施により、2%のエネルギー消費量が削減される見込みだ。

米国のLED広告看板は、1日のエネルギー消費量が米国家庭の30~46倍と指摘されており、米国屋外広告協会はデジタル広告看板の6分の5の電力消費量を削減するよう求めている。
光汚染による健康・環境被害

光汚染はまた、睡眠サイクルを妨害し、人体の免疫力を低下させる。多くの研究によると、光汚染に長期間さらされると、がんの発生率が増加する。
光汚染は環境にも大きな影響を与える。植物が生体リズムを乱され、光合成が弱体化し、酸素放出量が低下する。昆虫や鳥が光源に影響されて方向を見失ったり、逆光源が飛んで死んだりして、生態系が消失してしまうなどです。
電子ペーパーの広告看板「エネルギーを使わない」「もっとカラフルに」
電子ペーパーディスプレイは、豊富なカラー表示効果を提供するだけでなく、屋外でも紙のような感覚で読書体験ができるほか、環境光を利用してエネルギー消費を大幅に抑え、電力使用量を減らすことができるため、広く利用されています。

電子ペーパー広告看板は、オンライン上でリアルタイムに広告活動の内容を管理したり、レイアウトを企画・作成したり、管理ソフトで詳細な統計データを取得したりすることで、省エネと効率化を実現しています。

DKE東方科脈はiot分野の新しい電子紙表示技術制造サービス会社として、電子紙制品と技術の応用范囲を充実させ、スマートシーンごとに必要とされる電子紙技術によって、スマートと環境に配慮した電子紙制品を作ることに力を入れています。

例えば、DKE標准ドットシリーズ、4色シリーズおよびN Colorシリーズの大型電子ペーパーディスプレイは、屋外広告看板制品のアプリケーションに適しており、多くの色を表示することができ、高コントラスト、高反射率のコンテンツ表示を実現し、電力消費はLEDディスプレイに比べて明らかな性能優位性があります。また、複数の電子ペーパーディスプレイを組み合わせることにより、より大きな表示サイズを実現することができる。
低炭素グリーンは時代のテーマの今日、カラー電子ペーパーの技術を突破に続くにつれ、dke東方科の脈は引き続き、電子ペーパー専門製造の優位を推进して各シリーズ大サイズの電子ペーパー製品を応用し、電子ペーパーの特性と価値の実現のと共に、都市推進デジタル放送広告の低炭素グリーンより持続可能発展。
pop_close
pop_main
ニュースレター