DKE東方科脈がElectronica2022に登場—電子紙の多様な応用で産業のグリーン持続可能な発展を加速

ビュー : 7
著者 : DKE
更新時間 : 2022-11-22 09:23:17
ミュンヘン時間2022年11月15日、Electronica2022ドイツ・ミュンヘン電子部品展示会が盛大に開幕し、世界各地から集まった電子業界の著名企業3124社がミュンヘンに集まった。iot分野の新型電子ペーパーディスプレイ技術制造サービス会社として、DKE東方科技は「e-paper Experienced Manufacturer」をテーマに華やかに登場し、グローバルパートナーと共に電子ペーパー業界の市場発展の未来を語る。

ドイツのミュンヘン電子部品展示会(Electronica)は1964年に始まり、40年余りの発展を経て、世界で最も規模が大きく、最も影響の広い電子部品展示会となった。世界三大電子展示会の一つである。
DKE東方科技脈は今回フルカラー及び全シリーズの電子ペーパー表示モジュール制品と各分野の業界応用を携えて登場し、全世界の観客に電子ペーパーの技術力とスマートシティの生活シーンを全面的に展示した。展覧会の重点は以下の通りである。
フルカラーシリーズ

今回の展示会では、DKEのフルカラー電子ペーパーシリーズが海外市場に登場した。4.01インチから25.3インチの製品セットが展示された。カラーコントラストが格段に向上し、ビジュアルが紙の印刷ポスターに近くなった。デジタルタグ、可動式広告板、屋内広告板などの分野に適している。例えば、フルカラーの電子ペーパーシリーズのディスプレイで表示する広告看板、レストランのメニュー、無線伝送技術を組み合わせて、より多元的で目立つ表示インターフェースを実現することができ、より柔軟に多業種のカラー化アップグレードのニーズを満たすことができる。
ニューリテール

スーパー、生鮮食品、飲食などの応用シーンで,電子ペーパーモジュール制品を表示インタフェースとして提示する電子値札やメニュープレートを展示した。DKE電子紙ディスプレイは超低消費電力、180度の広視野角、多シリーズの色彩選択及び各種光線条件の下で紙の視覚の優れた特性を提供することができて、知恵化と環境効果を併せ持っています。
知的教育

スマート教育の分野では、電子ペーパーディスプレイは、長い耐久性、紙のような感じの表示方式を提供することができ、ユーザーにブルーライトがなく、目を傷つけない読書シーンを体験させることができる。これは、電子ペーパー技術が教育のペーパーレス化、情報化時代に革新的な応用価値を解釈している。
スマート医療

スマート医療シーンにおいて、DKEはパートナーと共同で、電子ペーパーをディスプレイ画面としたスマート案内画面、病室の表札、ベッドのベッドサイドカード、薬品の在庫管理タグなどの医療シーンで重要な端末を展示している。電子ペーパーの軽さ、紙の感覚、ブルーライトがなく目を傷つけないなどの特性を利用して、医療エリアに完璧に溶け込み、患者に快適な体験を提供する。
スマート交通

スマート交通分野について、DKE東方科技科技提携パートナーは典型的な応用例である地下鉄の駅看板や地下鉄のハンドル看板を例に、公共交通シーンにおいて、超低消費電力、省エネ・節電、屋外日光下での鮮明な可視性を備えた電子ペーパー制品が交通管理システムとどのように組み合わせて都市交通のスマート化、デジタル化アップグレード転換、グリーン低炭素排出を実現するかを展示した。
物流倉庫

物流倉庫分野では、提携先と共同で、電子ペーパー物流回転タグおよび電子ペーパー保管タグを展示した。従来の紙タグの代わりに、電子ペーパー制品を采用し、電気を消費することなく画像やコンテンツを表示し続けることで、電子タグを数周間維持し、物流倉庫業界の「カーボン削減・グリーン化」を支援する。

長年にわたり、DKE東方科脈は世界をリードするiot分野の新型電子紙表示技術制造サービス会社として、電子紙制品と技術の継続的なアップグレードに力を入れており、世界産業チェーンパートナーと手を携えて絶えず革新している。
将来的には、フレキシブルカラー電子ペーパーと大サイズの電子ペーパーモジュール制品の研究開発と応用に専念し、業界の技術障壁を突破し、よりスマート化、ペーパーレス化、多元化の革新的な応用を開発し、世界産業の生態数智化、グリーン化アップグレードの発展をサポートする。
pop_close
pop_main
ニュースレター