DKE東方科脈が電子ペーパー全シリーズの製品技術を携えてIOTE2022国際iot展に出展

ビュー : 5
著者 : DKE
更新時間 : 2022-11-22 09:56:07
2022年11月15日、IOTE2022第18回国際iot展が深セン国際展覧センターで予定通り開催された。

DKE東方科脈はiot分野の新型電子紙表示技術制造サービス会社として、全シリーズの電子紙モジュール制品及び最新技術を携えて驚きの姿で登場した。電子紙のスマートシティと各種のiot分野におけるペーパーレス化、グリーン化表示技術を全面的に展示し、観客に比類のない視覚的な饗宴を演出した。
IOTE2022現場を直撃

IOTE国際iot展は2009年に創設され、これまでに16回開催されたiot業界専門の国際展示会だ。今回のIOTE2022深圳駅は「数智芯生雲端共創」をテーマに、センシング、通信、プラットフォーム、セキュリティ、人工知能などのiotコア技術を集積し、センシング層、トランスポート層、演算及びプラットフォーム層及びアプリケーション層をカバーしてiot全産業チェーン展示を行い、新技術、新アプリケーション及び新ビジネスモデルでiot産業に新たなエネルギーを注入する。
今回の展示会の総面積は50,000平方メートルを超え、全国各地から集まった10万人のプロの観客と400余りの業界の有名な出展社が会場で交流展示を行いました。展示会は同時期に、iot多様化分野における新理念と新トレンドを中心に16の専門業界フォーラムを開催し、未来のiot発展の新方向、新技術、新案について議論した。
全シリーズの製品技術がそろって登場した
IOTE2022では、DKE東方科技電子紙制品区標准ドットシリーズ、E5シリーズ、Nカラーシリーズ、低温シリーズ、フレキシブルシリーズ、セグメントコードシリーズ、Prismシリーズの制品が登場し、電子紙技術のiot業界における最先端のグリーンデジタルディスプレイを展示した。来場者は足を止めて鑑賞していた。
DKE電子ペーパーモジュール全シリーズ展示
DKE標準ドットラインナップ

標准ドットシリーズ:二重定常状態と反射特性を持ち、超低消費電力、紙のような感覚、ブルーライトのないアイケア、省エネ、快適、軽さ、超広視野角などの多くの特性を備えており、スマートディスプレイのための理想的なインタフェースとなっている。
DKE E5シリーズ

E5シリーズ:4色制品はE Ink Spectra 3100技術を采用し、画面のリフレッシュ速度を短縮し、より鮮やかに飽和した黒、白、黄、赤の4色の組み合わせを提供する。
DKE N Colorシリーズ

N Colorシリーズ:N Color制品はE Ink ACeP技術に基づき、7色の組み合わせ表示を実現し、色コントラストを大幅に向上させ、より立体的でインパクトのある映像を実現します。
DKEコールドシリーズ

コールドシリーズ:E Ink Aurora」技術を使用したコールド製品は、マイナス25度でも作動し、冷却器やクーラーボックスなどの環境に適している。
DKEセグメントコードシリーズ

セグメントコードシリーズ:セグメントコード制品は表示に必要な図形文字をエッチングしたり印刷したりして、表示セグメントと背景の白黒を切り替えることによって、異なる内容を表示することができ、顧客の実際のアプリケーションの需要に応じてカスタマイズすることができ、形状、サイズやフォーマット、スタイルに関わらず、顧客に完璧な解決案を提供することができます。
DKEフレキシブルシリーズ

フレキシブルシリーズ:フレキシブルな制品は、折り曲げ、軽く、沖撃に強い、リフレッシュ速度が速い、静的消費電力が低いという特徴を備えており、スマートウェアラブルやスマートホームなどの応用環境に適している。
DKEプリズムシリーズ

Prismシリーズ:Prism制品は変色可能な電子ペーパーで、E Ink Prism技術を采用し、2色のグラデーションやフラッシュ、任意の形状への切断が可能で、自働車、建筑、アートなどの分野で幅広く使用されています。
N Colorシリーズは展示品の中でも特に目を輝かせている。既存の黒、白、赤、黄色に加え、青、緑、オレンジ色を加えた7色のフルカラー画面を実現することで、より立体的でインパクトのある効果を得ることができる。25.3インチ、13.3インチ、7.3インチ、5.65インチ、4.01インチなどの多サイズの製品を組み合わせることで、iotエコの発展を支援し、エネルギー消費を減らすと同時に、より多様な環境ニーズに対応する。
iot業界の開拓・発展を支援

国家の「二重炭素」戦略が絶えず深化し、モノのインターネット(iot)やビッグデータなどの新興産業が急成長するにつれて、電子ペーパーはグリーン環境保護、省電力・省エネ、持続的・安定的な特性の優位性により幅広い注目を集め、産業の将来性がますます広がっている。
DKE東方科脈は一貫して自主研究開発戦略路線を堅持し、絶えず新製品、新技術の研究開発と産業化応用を推進し、積極的に「炭素ピーク、炭素中和」国家戦略に応え、各タイプの電子ペーパーモジュール制品をiotスマートシーン応用低炭素環境保護、デジタル相互接続の新要求に完璧に適用する。顧客のために貴重な提案と業界をリードする制品案を絶えず出力し、産業上流・下流のパートナーとiot分野のグリーン持続可能なイノベーションの発展を推進し、iot産業チェーンの着実な開拓と急速な発展を助力する。
pop_close
pop_main
ニュースレター