世界環境デー——電子ペーパー全「緑」で低炭素・省エネを実践します

ビュー : 96
著者 : DKE
更新時間 : 2023-06-12 10:04:47
2023年6月5日は、52回目の世界環境デーで、中国では9回目の環境デーです。
この日の目的は、世界の全社会がグリーン生産生活方式を実践することを喚起し、復層的な角度からどのようにグリーンで持続可能な発展を推進するかを考え、人間と自然が調和して共生する現代化を建設することです。
テクノロジーの力で地球を守ります
2023年3月に発表された国連気候変動に関する政府間パネルの報告書は、「主に温室効果ガスの排出による地球温暖化の影響は、予想以上に深遠で極端なものになっている」としています。

これらの巨大な排出量は世界の各業界から発生しています。世界の持続可能な発展を確保するためには、業界の責任を担うと同時に、「ダブルカーボン」戦略、省エネ・排出削減などのための技術革新と技術改造を提供し、持続可能な発展を実現するために絶えず投入し、模索していく必要があります。
電子ペーパーディスプレイは省エネが先行します
近年、省エネや環境保護がますます重視されている。2022年北京冬季五輪は、中国がダブルカーボン目標を掲げてから初めて開催した国際イベントで、30以上の低炭素対策を実施することで、co2排出量を95~103万トン削減しました。
北京冬季五輪の実施した各種の低炭素の措置に対応する削減の原理は4種類に分けることができます:省エネ、用能清浄化、省材と低炭素材料代替。

オリンピック期間中、ボランティアたちは電子ペーパーのスマート名札をつけて、電子ペーパーのディスプレイをインターフェースにして、グラフィック情報の「大量で速いリフレッシュ」を実現します。電子ペーパー「パッシブ常顕」デザインを採用し、携帯電話のNFC機能を使って通信して電力を取ります。本当にグリーン低炭素の理念を実現し、アイスレースをよりグリーンで、よりスマートで、より素晴らしいものにします。

2023年は世界的な感染から回復しつつある地球にとっても私たちにとっても重要な年です私たちが行う選択、変化、そして自然を良い方向に促進するいかなる行働も、地球のグリーンと低炭素を実現する助けになります。
電子ペーパーの省エネ効果はどれくらいですか
大衆の低炭素理念の樹立に従って、各業界も絶えず革新とアップグレードして、低炭素と省エネの生産方式と製品に傾いて、省エネと排出削減の目標を達成することを促進します。だから、全世界の緑色の低炭素の変形は生活、建物、電力、工業、交通の出かけるなどの方面だけでなくて、多元、環境保護、知恵のペーパーレスの応用が共同で作り出すことに来る必要があります。
では電子ペーパーの省エネ・低炭素効果はどのくらいでしょうか?
E Inkの研究データによると、LCDと電子ペーパーなどの異なる表示面で二酸化炭素の排出量を比較した結果、電子ペーパーディスプレイには著しい省エネ・低炭素効果があることがわかりました。

例えば、同じサイズのLCD看板に取って代わった10インチの電子ペーパー看板を5年間使い続け、1日に4回表示画面を交換した場合、1回あたりの電気消費量は地球に比べて400度節約できます。7インチのディスプレイを例として、液晶ディスプレイの一年の電力使用量は約78.84度、7.4インチの電子ペーパーディスプレイの一年の電力消費量はわずか0.0042度で、同じサイズと時間の下で、液晶ディスプレイ製品の一年のエネルギーは電子ペーパー製品の約2万倍です;55インチのLCD液晶画面のバス停を例として、電子紙のバス停全体の机械のエネルギー消費はLCDディスプレイのバス停全体の机械の0.8%(1/120)だけです;過去5年間、世界で約1億3000万台の電子ペーパーリーダーが使われています。1億3000万台の電子ペーパーリーダーが毎年10冊の本をダウンロードすると仮定すると、LCDタブレットパソコンで本を読むと、その10万倍の二酸化炭素排出量が発生します。
電子ペーパーの応用市場と分野がますます拡大し、技術がますます成熟する中で、社会全体のグリーンと炭素削減のプロセスに巨大な効果を生み出している。
DKE東方科脈はモノのインターネット分野の電子ペーパーディスプレイ技術製造サービス会社として、近年積極的に双炭素戦略に応えて、力を入れて環境保護と低炭素の発展理念を実践して、全世界のお客様に最適な電子ペーパーのiotソリューションアプリケーションを提供しています。
今後、科学技術革新と持続可能なグリーン理念を堅持し、電子ペーパー製品と技術の研究開発力を強化し、電子ペーパー産業パートナーと手を携えてグリーン低炭素、循環可能、デジタル化経済のスマート物連革新応用をもたらし、共にグリーンスマート新生活を築き、グリーンスマート新方向の発展を推進していきます。
関連 ニュース
詳しい情報を見る >>
CHINASHOP2024,電子ペーパーディスプレイが小売業の「生態力」を賦能します CHINASHOP2024,電子ペーパーディスプレイが小売業の「生態力」を賦能します
Mar .18.2024
中国小売業博覧会は世界小売業の「バロメーター」であり「風向計」です。今年の第24回中国小売業博覧会CHINASHOP2024は3月13日から15日にかけて、国家展示コンベンションセンター(上海)で正式に開催されます。
電子ペーパーモニターの売上が870%も急増しました。電子ペーパー学習本賦能教育「新成長」です 電子ペーパーモニターの売上が870%も急増しました。電子ペーパー学習本賦能教育「新成長」です
Mar .05.2024
RUNTOの最新の発表によると、2023年の世界の電子ペーパータブレット製品の出荷台数は前年比17.2%増の1254万台でした。このうち、中国市場での販売台数は123万台で、前の年より20.6%増え、世界全体の販売台数の9.8%を占めました。
DKE (FuShen)が浙江省の製造業「クラウド企業」ランキング第3位にランクインしました。 DKE (FuShen)が浙江省の製造業「クラウド企業」ランキング第3位にランクインしました。
Jan .15.2024
浙江省経済情報化庁はこのほど、浙江省の製造業「クラウド上企業」の第3陣リストを発表し、DKE(FuShen)がランキング入りに成功しました。
DKEが浙江省の第9次ビッグデータ活用モデル企業認定を受賞しました DKEが浙江省の第9次ビッグデータ活用モデル企業認定を受賞しました
Jan .15.2024
浙江省経済情報化庁はこのほど、浙江省の第9次ビッグデータ活用モデル企業リストを発表しました。全省から40社が選ばれ、DKEはその中に認定されました。
pop_close
pop_main
ニュースレター