浙江富申科技有限公司初の全自動化電子ペーパー生産ラインの試験生産成功を熱烈にお祝い申し上げます

ビュー : 12
著者 : DKE
更新時間 : 2022-05-13 15:32:26

2ヶ月にわたる厳しい設備調整を経て、浙江富申科技有限公司は初の全自働化電子ペーパー生産ラインの試験生産に成功した。

浙江富申科技有限公司の全自動化電子ペーパー生産ラインプロジェクトは、2021年10月に正式に着工した。疫病の予防と制御が厳しい状況の中、全スタッフが困難を克服し、工期を確保し、全力でプロジェクトを推進し、2022年3月に最初の設備が順調に搬入された。2ヶ月間の設備設置試運転を経て、本日試運転が完了し、試験生産に成功した。生産ラインは今月中に量産を開始する予定だ。現在プロジェクトにはまだ多数の生産ラインが緊張して建設中で、8月にすべての建設を完了し、量産を実現する予定である。全面的に生産を開始した后、生産能力は更に突破を実現し、設備全体の自働化レベルと采用する核心プロセス技術はいずれも業界最高レベルに達した。

試験生産の過程で各部門の人員は生産ラインの前に集まって、問題を発見して、問題を解決して、生産ラインの試験生産の成功のためにサポートと助けを提供します。皆の努力の下で,すべての仕事は合理的な手配の下で一糸乱れず進行している。生産ラインの最終工程である品質検査テストが完了したことにより、富申科技の全自働化電子ペーパー生産ラインの試験生産が円満に成功したことを示している。

浙江東方科脈電子股份有限公司の文世峰副総裁は、「今回のプロジェクトは工期が短く、任務が重い。伝染病の厳しい環境の下で、プロジェクトのスタートから試験生産まで、各級の指導者及びプロジェクトスタッフの強力な支持と協力を抜きにすることはできない。プロジェクトの順調な完成を保証するために、プロジェクトの人員は絶えず期間を調整して、段取のためによく基礎を打ち始めて、時間を勝ち取る;また、嘉興総合保税区の関連部門がその過程で与えてくれた指導と援助があってこそ可能だ」と述べた。文世峰氏は最后に、「テスト生産が完了した后、我々はテスト生産で直面した問題をタイムリーに改善し、プロジェクトが期日通りに成果を達成するように努力する」と述べた。

今回の試験生産の成功は、DKE東方科脈電子紙生産ラインの全自働化運転モードの正式スタートを意味し、電子紙産業の生産装備レベルの強化と向上に一里塚の意義を持つ。今後、DKE東方科技脈はアップストリーム企業との戦略的提携を継続的に深め、電子ペーパー応用の新市場を開拓し続け、自身の優位性を十分に発揮し、勢いに乗って、電子ペーパー産業の勢いある発展を推進するために新たな局面を開拓し、新たなステップを踏み出していく。

pop_close
pop_main
ニュースレター