2022年デジタル人民元試行地区に11都市の電子ペーパーディスプレイを追加しデジタル通貨財布の未来発展に助力する

ビュー : 8
著者 : DKE
更新時間 : 2022-07-12 13:20:34

このほど、人民銀行はデジタル人民元研究開発試験事業座談会を開催し、試験事業の範囲を秩序正しく拡大することを宣言した。各関係参加者は計画と配置に基づいて安定の中で前進を求め、デジタル人民元研究開発試験事業を引き続き推進しなければならない。

パイロットエリア再拡張、汎用性の高さが人気

今回の会議では、デジタル人民元の試行範囲を順次拡大し、天津市、重慶市、広州市、福州市、アモイ市及び浙江省でアジア大会を主催する6都市を試行地域として追加することが求められた。現在、中国のデジタル人民元の試行都市は、長江デルタ、珠江デルタ、京津冀、中部、西部、東北、西北などの異なる地域を基本的にカバーしている。

2022年冬季五輪のシナリオテスト期間中、デジタル人民元は市場の検証を受け、製品の問題やシステム障害は発生しなかった。また、通用が便利で非接触決済という突出した優位性があり、個人のプライバシー保護を重視し、防疫要求を満たしていることから、広範なグループから称賛と支持を得ている。試行終了後、北京市と張家口市はデジタル人民元の試行地域に転換される。

今回の中央銀行のデジタル人民元に対する試行範囲は非常に広範で、デジタル人民元に対する一種の認可及び楽観視だ。今後、冬季五輪の経験を生かし、iot、デジタル化、スマート化などのイノベーションの優位性を発揮し、デジタル人民元を教育キャンパス、商業超商圏、交通・行楽、政務・民生などの各分野に深く溶け込ませ、「ポスト冬季五輪」時代の発展の主流となる。

電子ペーパーがデジタル通貨ウォレットの未来を支える

デジタル人民元の承認と推進に伴い、デジタル通貨ハードウェア・ウォレットは自然に必要不可欠な製品となり、需要が大幅に高まっている。デジタル人民元の可視カードはハードウェアワレットの実体媒体として、その重要な構成要素である電子ペーパーディスプレイも大幅な応用増を迎えるだろう。

デジタル人民元の可視カードは超低消費電力の電子紙ディスプレイを表示インターフェースとして采用して、画面の内容が更新する時だけ少量の電力を消費して、電源が切られた后にカード内の情報は持続的に表示して、ユーザーの消費と支払いに影響しないで使用します。また、電子ペーパーディスプレイは、従来のガラス基板の代わりにプラスチック基板を采用しており、超軽量で、日常生活で持ち歩くのに非常に軽く、適度に折り曲げても壊れない。

超低消費電力電子紙ディスプレイを内蔵したデジタル人民元可視カードで、電子紙ディスプレイに内容を表示することで、復数の机能を実現することができる。支払い、位置確認、出席、探し物など、幅広い分野に応用することができる。たとえば、ウォレット、会員カード、メモリーカード、社員カード、保険証、ゲームコインカード、キャンパスカード、パーキングカード、ショッピングカードなど、カード内の情報を示す必要がある場面です。

2021年、「デジタル王府井氷雪ショッピングフェスティバル」北京デジタル人民元テストイベントで、郵貯銀行と中国銀行はそれぞれ「健康宝」北京健康コード検索機能を搭載したデジタル人民元可視カードを発表した。ユーザーがこの製品を持って健康宝のデバイスに貼ると、健康宝の状態の照会と登録が電子ペーパーディスプレイに表示される。これはデジタル人民元可視カードがデジタル人民元の応用以外に、他の応用機能を搭載するのも初めてだ。

今後、デジタル人民元可視カードの一連の技術的突破に伴い、デジタル人民元は非常に一般的な支払い方式となり、民生に極めて大きな利便性をもたらし、資金の安全にも強力な保障を提供する。DKE東方科脈はiot分野の新型電子紙表示技術制造サービス会社として、電子紙制品と技術で持続的に力を発揮し、デジタル人民元財布の未来発展を助力する。

pop_close
pop_main
ニュースレター