小売業の「炭素」グリーン化への転換でより「彩」を出す

ビュー : 9
著者 : DKE
更新時間 : 2022-07-12 14:23:32

昨年6月には、国連が人間環境会議50周年を記念して持続可能な社会の建設に向けた緊急行動を加速させることを提案し、それに続く世界環境デーでは、よりグリーンで持続可能な発展のあり方が再び求められている。中国では、各都市の炭素ピーク、炭素中和作業が積極的に秩序ある推進中で、グリーン低炭素モデルはすでに世界的な発展の共通認識となっている。

小売業は経済発展の重要な一部として、低炭素技術を活用したグリーン経営を実現することで、グリーン成長の促進に貢献しています。

科学的な炭素目標を設定して低炭素の店舗を作る

近年、多くの国際小売業のトップ企業がカーボンニュートラル(純排出ゼロ)戦略目標を策定している。スウェーデンのチェーン店「ICA Gruppen」は2025年までに、単位面積当たりの温室効果ガス排出量を70%削減すると約束している。カルフールは2030年に2010年比で30%削減することを約束した。ウォルマートは2025年に2015年比15%減などを約束した。これらの国際的にリードしている小売業の企業は、将来の目標を設定することに基づいて、段階を分けて、独自の特徴を組み合わせて、重点の段階で低炭素の措置を設定し、目標を達成するために展開します。

異なる小売企業は、独自の特性に基づいて炭素削減の取り組みに重点を置いているが、電子値札は、エネルギー使用量を削減することによって、温室効果ガスの二酸化炭素の排出を削減し、コストを節約し、小売企業の省エネ削減、グリーンモデル転換に貢献し、業界の優先的な低炭素運用技術になっている。

電子値札が小売企業の省エネ・排出削減をリード

小売業が使用する従来の紙の値札は、毎年大量の紙を消費している。A4用紙1枚で紙の値札を約8枚作ることができ、必要な木材は16g、1本の木の重さは約1トン。たとえば、五〇〇〇枚の紙の値札がある店では、一年に五〇回の値札交換が行われ、五年間でA4用紙一五万六二五〇枚が消費され、二・五トンの木材が伐採されます。

統計によると、中国のリアル店舗の総数は約4000万店で、そのうち小売業のリアル店舗は600万店。小売業に電子値札が導入されれば、5年間で936万本の樹木伐採が減少する。世界市場を見渡すと、電子値札の普及による低炭素の価値は言うまでもない。

また、電子値札は一ボタンで遠隔変更して従業員が残業して伝統的な紙の値札を交換して、店の仕事環境の電気エネルギーの使用を節約することができて、炭素の排出を減らす。

カラー電子ペーパーディスプレイ「カーボン」グリーン化を追求してさらに「彩」を出す

従来、低炭素で環境にやさしい電子値札の表示色は黒、白、赤、あるいは黒、白、黄の3色に限られており、表示効果は比較的簡単で明瞭である。

DKEオリエントコムが発表したN colorシリーズのフルカラー電子ペーパーは、既存のブラック、ホワイト、レッド、イエローにブルー、グリーン、オレンジ色を加え、25.3インチ、13.3インチ、7.3インチ、5.65インチ、4.01インチなどの多サイズの製品セットを提供する。より多様な経営環境のニーズに応えることができる。

N colorシリーズの電子値札は、使い捨ての紙の値札に取って代わるだけでなく、店内のポスターにも応用することができます。画面の表現力をより豊かにし、目を凝らせることができます。

世界の二重炭素目標の下で、小売業は低炭素モデル転換を促進する新たなチャンスを迎えた。DKE東方科脈はiot分野の新型電子紙表示技術制造サービス会社として、電子紙制品と技術で力を出し続け、電子値札市場の発展により多くの可能性をもたらし、小売企業のグリーン低炭素の持続的な発展に助力する。

pop_close
pop_main
ニュースレター