Touch Taiwan 2022開幕!E Ink元太科技がDKE東方科脈と手を携えて華やかにお目見え

ビュー : 13
著者 : DKE
更新時間 : 2022-04-28 16:58:35

Touch Taiwan 2022は4月27日、台北市内の南港展覧館で予定通り開催された。DKE東方科脈は電子ペーパー制造の核心技術メーカー、E Ink元太科技の重要な戦略的パートナーとして、今回の展示会に見事に登場した。

Touch Taiwanは台湾で最大規模、最も権威のあるスマートディスプレイ展示会であり、現在世界で最も影響力のあるディスプレイ産業チェーン展示会の一つである。

今回の展示会が提案したTouch Taiwan 2.0のコンセプトに応え、E Ink元太科技は「We Make Surfaces Smart&Green」をテーマとし、低炭素電子ペーパーを技術の核心としている。電子ペーパー生態圏パートナーと手を携え、電子ペーパーが作り出す全方位グリーンスマート都市生活シーンを共同で展示し、電子ペーパー産業生態圏の革新的な発展成果を共有する。

e ink元太科学として重要な戦略的協力パートナーやモノのインターネット事業者、製造技術分野の新型電子紙によると、今回の出展した多様な規格の三色や四色の電子ペーパー製品と技術、结合によって使うシーンは、全方位を展示した電子ペーパーのディスプレー、モノのインターネット時代の無限応用価値は、現場の観客を集めた業界の専攻やゲスト足を体験。

今后、DKE東方科脈は引き続き電子紙モジュール制品を中心に技術と研究開発を行い、お客様のニーズに焦点を当て、iotの応用が盛んに発展する中、E Ink元太科技と継続的に協力し、また自身の業界の技術優勢に合わせて、国の提唱するグリーン環境保護、持続可能な発展の低炭素理念に応えます。超低消費電子ペーパー制品の普及と成長をともに推進し、クリーンカーボン社会への歩みを共に進めていきます。

pop_close
pop_main
ニュースレター