Prism™電子ペーパーの完全解析です

ビュー : 33
著者 : DKE
更新時間 : 2023-11-20 10:41:42
電子ペーパーはiot情報チェーンの端末として、技術が進歩し、小売、ビジネス、教育、オフィス、交通、物流、医療など日常生活の各方面に応用分野が及んでいます。
Prism™の変色可能な電子ペーパーは今年更に新しい人気になって、BMWの概念車、小米のバイオロボット、科勒の変色する便器はすべて変色可能な電子インクスクリーンを使って、頻繁に国内外の有名な展示会に登場して、各界の人士にすべて更に多くの電子ペーパーの革新的な応用の思考空間を生じさせました。
Prism™の変色電子ペーパーを実現した主な技術は何でしょうか?主なメリットは何ですか?ユーザーのどんなニーズに応えることができるのでしょうか。今日、小編はみんなを連れて速く1文で理解して、あなたのために解答を持ってきます!
01:E Ink Prism™とは何ですか?
E Ink Prism™は、変色可能な電子ペーパーと呼ばれています。2色の間にグラデーションやフラップを作り、任意の形に自由自在にカットすることができます。他の表面材料、構造、アプリケーションと組み合わせることで、色を相互に変換することができます。家電製品、家庭家電、建築、展示、自動車などの表面に応用されています。
02:E Ink Prism™の仕組みです
Prism™の変色電子ペーパーは、2色の電子インク技術に基づいており、2つの色の荷電粒子を含んでいます:1つの白色粒子、1つのカラー粒子。カラー粒子は、ブラック、イエロー、グリーン、レッド、ブラウン、ダークブルー、ブルーとすることができます。
白と黒の2色の電子インクを例にとると、それは数百万個のマイクロカプセルで構成されていて、それぞれのマイクロカプセルは負の電荷を帯びた白い粒子と正の電荷を帯びた黒い粒子を含んでいて、透明な液体の中に浮かんでいます。電子インクの上部と下部にそれぞれプラス電極とマイナス電極が取り付けられています。

Prim™は2色の電子インクで、黒と白の粒子が電圧によって電気泳動を起こし、2種類の粒子の微小空間での位置分布を制御し、画面表面に異なる階調を作り出します。プラスとマイナスの吸着の原理では、電界がオンになると、対応する黒や白の粒子がマイクロカプセルの頂点に移働し、使用者はこのブロック上で黒や白を見ることができます。

他の色のPrism™の変色可能な電子ペーパーも働作原理は上記と同じです。マイクロカプセルでできた電子インクを、プラスチックフィルムの上に塗布したものが、電子インクフィルム(FPL)です。デュアルITO Prim™は変色可能な電子ペーパーで、製造過程で、電子インクフィルムの上下にITO導電性フィルム(ITO FILM)とPS保護フィルムを貼り付けます。使用設計では、TFT基板に頼らず、上下2つの電極で駆働制御ができ、設計者が必要な形状に切り出します。
03:E Ink Prism™の特徴とメリットです
Prism™は、TFT基板に依存せず、複雑な回路設計を必要とせず、上下2つの電極を15Vの電圧で接続することで、色の切り替えを制御できます。両端がオンになることを前提に、任意の形状に切り抜くことができ、デザイナーの無限の可能性を満たすアイデアです。点滅駆働とグラデーション表示の2つの駆働方式があります。

点滅駆動モードです

グラデーション表示モードです
Prism™の変色可能な電子ペーパーも、電源を完全に抜いた状態で画面が消えない二重安定な特性を持っています。画面交換時の消費電力が必要なだけに、優れた節電性能を備えています。1分ごとに画面が更新される場合、消費電力は0.04 w/平方メートルです。
Prism™の変色可能な電子ペーパーは、「紙のような表示」という反射技術も備えています。環境光源を変色可能な電子ペーパーに当て、視聴者の目に光を当てます。関連アプリケーション製品は、パターンの変化中に光を発することなく、物体にダイナミックな表現を与えることで、環境と一体となり、特別な雰囲気とインタラクティブな体験を作り出します。
04:E Ink Prism™の進化です

2022年初頭のCESで驚くべき姿を見せたBMW iX Flowのクロミックコンセプトカーは、2色カラーの第1世代プリズム™のクロミックペーパーを適用しました。そして、2023年のCESでBMW Deeのボディに適用されたカラーコートは、Prism™の変色電子ペーパー技術は、2色のカラーを次の段階へと進化させます。
将来的には、Prism™は、さまざまな環境での使用ニーズに対応する屋外での応用技術を提供する予定です。
05:E Ink Prism™応用製造プロセスです

06:E Ink Prism™の応用分野を紹介します
Prism™は、簡単に作ることができ、さまざまな用途で使用されています。
自動車応用分野です

Prism™の変色可能な電子ペーパーは、薄くて柔らかくて曲げることができる特性を活かして、車の表面や内装に貼り付け、色を変えることで感情を与えます。

その集大成といえるのがBMW Deeコンセプトカーで、ボディには最新のプリズム™3カラー電子ペーパーを使用し、電圧パルス制御により最大32色に変換できます。
ファッションデザインの世界です
Prism™の変色可能な電子ペーパーで自由自在に裁断できる特性を応用して、デザイナーは素材に縛られず、想像力を働かせてカラフルな最先端の服を作ることができます。Prism™FPLをフレキシブル基板に貼り付けることもできます。コード電子ペーパー技術に基づき、独立した制御可能なアクセサリーとして設計されています。
建築装飾です

Prism™の変色可能な電子ペーパーは、Segmentコード技術を利用して、独立して制御可能な2色交換の1枚の電子タイルとして設計されました。パッチワークの形で建物の表面に敷設されています。
これと同じように、Prism™の変色可能な電子ペーパーをインテリアに応用すると、家電製品の表面や背景の壁に貼り付けることができ、色が流れる間に違和感なく静謐に貼り付けることができます。
このように、Prism™の変色可能な電子ペーパーは、電子ペーパーの特性を生かした独特の視覚効果や加工の柔軟性などから注目を集めており、スマート社会IoT時代に向けて各産業界でPrism™の電子ペーパー技術へのニーズが高まっています。Prism™電子ペーパーは、電子ペーパー産業の新たな柱となるでしょう。
投稿を歓迎します。転載する場合は、wechatの公式アカウント「東方科脈電子紙専門メーカー」のバックオフィスで「転載します」と返信して許可を得てください。
関連 ニュース
詳しい情報を見る >>
DKE (FuShen)が浙江省の製造業「クラウド企業」ランキング第3位にランクインしました。 DKE (FuShen)が浙江省の製造業「クラウド企業」ランキング第3位にランクインしました。
Jan .15.2024
浙江省経済情報化庁はこのほど、浙江省の製造業「クラウド上企業」の第3陣リストを発表し、DKE(FuShen)がランキング入りに成功しました。
DKEが浙江省の第9次ビッグデータ活用モデル企業認定を受賞しました DKEが浙江省の第9次ビッグデータ活用モデル企業認定を受賞しました
Jan .15.2024
浙江省経済情報化庁はこのほど、浙江省の第9次ビッグデータ活用モデル企業リストを発表しました。全省から40社が選ばれ、DKEはその中に認定されました。
電子ペーパーの大画面ディスプレイ:情報の可視化の新しい潮流をリードします 電子ペーパーの大画面ディスプレイ:情報の可視化の新しい潮流をリードします
Dec .19.2023
市場の熱烈な需要に応えて、DKE東方科脈の新しい製品ラインアップは大型電子ペーパーの表示モジュール製品シリーズを拡大しました。全世界のお客様に様々な状況に適した端末アプリケーションを提供し、より多くの便利さと驚きをもたらします。
中国長江デルタ一体化モデル区推進会の一行がDKE東方科学技術本部基地に参観考察に臨席しました 中国長江デルタ一体化モデル区推進会の一行がDKE東方科学技術本部基地に参観考察に臨席しました
Dec .11.2023
12月8日、長江デルタ一体化発展座談会の精神を徹底して実行し、長江デルタエコグリーン一体化発展モデル区を高レベルで建設する事業推進会の参加者一行は浙江東方科脈電子股份有限公司の本社基地を訪問し、交流を見学しました。浙江東方科脈電子股份有限公司の周愛軍董事長は社員と共に訪問した指導者を温かくもてなしました。
pop_close
pop_main
ニュースレター